確実な口座開設のために

電卓

何が必要なのか

海外FXでは、日本向けにサービスを展開している業者であれば、その多くが日本語サイトや日本人スタッフによるサポートなどを提供しています。そのため、海外FXの口座開設は簡単に行うことが可能ですので、国内のFX業者にはないサービスを利用するために、口座を開設する方が増えています。海外FXの口座を開設するには、必要となる書類があります。必要書類としては、本人確認書類と住所確認書類の2つの提出を求められることが多いですが、住所確認書類は必要のない会社もあります。マイナンバーカードも必要書類として使うことができますが、マイナンバーは通知する必要のない業者が多いです。必要書類は海外FX業者によって異なるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

準備しておくこと

海外FXの口座開設で提出する必要書類として、本人確認書類と住所確認書類があります。本人確認書類には、パスポート・運転免許証・住基カード・マイナンバーカードなどが利用できます。本人確認のために、顔写真と氏名、有効期限などが確認できることが重要です。住所確認書類には、公共料金の請求書やカードの利用明細書に加え、住民票などの公的機関が発行した書類が使えます。住所確認が目的なので、氏名と現住所に加え、発行日を確認できるものが必要です。通常は3ヶ月や6ヶ月以内など、指定された期間に発行されたものを用意しておきます。書類はスマートフォンなどで撮影したものを使えますが、その際には書類の四隅がしっかりと写るように注意します。また提出の際には、画像の容量やフォーマットが指定されていることがあるので確認しておきましょう。