FXに興味のある方は

お金

高いレバレッジが魅力です

FXをしている人の間で海外FXが注目されています。海外FXとは、海外の会社が運営しているFXサービスのことで、基本的には国内業者との違いはありません。ではなぜ海外FXが注目されているかというと、国内では個人投資家にはレバレッジ規制があり、最大25倍までのレバレッジしか設定できません。しかし海外FXは外国に本社があるので、日本の法律の規制を受けないので、高いレバレッジで取引をすることができます。レバレッジが高く設定できるということは、少額の資金しか持っていない方でも資金を増やしやすいですし、短期の取引をしたい方にもメリットがあります。また海外業者はゼロカット方式を採用しているところが多く、証拠金以上の損失がでないところも魅力です。

書類の種類と提出方法とは

海外FX口座を開くためには、本人確認ができる必要書類を提出する必要があります。必要書類は会社によって多少ことなりますが、本人確認書類と住居証明書類の2種類が必要です。本人確認書類には、運転免許証やパスポートが利用できますし、住居証明書類には住民票や直近3ヶ月以内のガス、水道、電気料金や携帯電話の料金利用明細が使用できます。必要書類を提出するにはスマートフォンのカメラなどで写真をとって、ホームページからアップロードするだけでできます。提出した必要書類に問題がなければ、口座を開設することができますので、入金してすぐに取引を開始することができます。海外FXと言っても、日本語で取引できるサイトも多いですし、国内業者とあまり変わらずに使うことができます。